建設業労働災害防止協会
spacer

建築業労働災害防止協会 北海道支部

spacer
建築労働災害防止協会北海道支部
spacer
北海道支部ご案内 区切り線 講習会のお知らせ 区切り線 安全用品の販売 区切り線 安全衛生教育 区切り線 各種申請案内
spacer
shadow
建災防概要
建災防会員とは
交通アクセス
会員特典
会費規程
分会のご案内
blank
blank
災害発生状況報告
spacer
関係機関からのお知らせ

HOME > 北海道支部ご案内 > 建災防概要

建災防概要

spacer

マスコットキャラクター 建設業労働災害防止協会(建災防)は、建設業における労働災害の絶滅を目的として昭和39年9月労働災害防止団体法に基づいて設立された団体で、北海道支部も翌昭和40年2月に設立されました。
 現在では建設業を営む多くの皆さんが当支部に入会されております。
 建設業の労働災害は、会員の労働災害防止活動により着実に減少しつつありますが、全産業の労働災害に占める割合は依然として高く、これまでに達成した労働災害防止の成果をさらに積み上げてゆくためには、今後とも一層の努力が望まれているところであり、当協会の労働災害防止活動に大きな期待が寄せられております。
 この労働災害防止のための諸対策の推進にあたっては、各種、各層の建設業者が一体となって努力することでなければ、その実効を期することはできません。
 現在、当協会に未加入の事業場がなお、かなり存在しておりますので、この機会に当協会の会員になっていただき、ともどもに労働災害の絶滅に向かって努力していきたいと存じます。

北海道支部のあらまし

spacer
名称

appellation

建設業労働災害防止協会 北海道支部
略称

abbreviation

建災防北海道支部
所在地

address of company

〒060-0004
札幌市中央区北4条西3丁目 北海道建設会館7階
支部長

Head of branch

岩田 圭剛(岩田地崎建設椛纒\取締役社長)
設立年月日

Foundation Date

昭和40年2月13日
会員数

Number of members

1号会員 約2,600事業場/2号会員 80団体
設置根拠

Installation grounds

労働災害防止団体法に基づく厚生労働大臣の認可団体